• 近鉄バファローズ
  • 近鉄バファローズ
  • 球団の歴史
  • ユニフォームの変遷
  • 背番号の変遷
  • 当時の順位表
  • 当時の選手・監督
  • 阪急ブレーブス
  • 阪急ブレーブス
  • 球団の歴史
  • ユニフォームの変遷
  • 背番号の変遷
  • 当時のベストナイン
  • 当時の選手・監督

蘇る黄金の70's

阪急ブレーブスが黄金時代を築き上げ、近鉄バファローズがいてまえ打線の基礎を築いた、誇り高き70年代。
その伝統と魂は、今も脈々と受け継がれています。
2011年、新しい黄金時代へと歩み始めたオリックス・バファローズ。
現代のBs戦士たちが、懐かしいあのユニフォームを纏い、フィールドに舞い降ります。
また、復刻版ユニフォーム・キャップだけでなく、当時と今を繋ぐコンセプトのグッズを販売。
その他、球場内でのセレモニーやビジョンでの当時を髣髴とさせる各種イベント・演出の実施、グルメの再現など統一感を演出します。

現代のBs戦士たちが、あのユニフォームを纏い、フィールドに舞い降りる。

いてまえ魂の源流 近鉄バファローズ

18:00試合開始 京セラドーム大阪 埼玉西武ライオンズ
18:00試合開始 京セラドーム大阪
1300試合開始 京セラドーム大阪
18:00試合開始 ほっともっとフィールド神戸 千葉ロッテマリーンズ
14:00試合開始 京セラドーム大阪
13:00試合開始 京セラドーム大阪

イベント内容

■近鉄バファローズOB選手によるメモリアルピッチ(始球式)&試合前トークショー

近鉄バファローズOBの鈴木啓示さん、羽田耕一さん、小川亨さん、太田幸司さんによるメモリアルピッチ及びトークショーを開催!


詳しいプロフィールは近鉄バファローズ当時の選手・監督ページをご覧ください。

  • メモリアルピッチ(始球式)&試合前トークショー特別ゲスト
    8月12日(金) 小川亨さん、太田幸司さん
    8月14日(日) 鈴木啓示さん
    8月28日(日) 羽田耕一さん
  • 【トークショー開始時間】
    8月12日(金) 15:30~(予定)
    8月14日(日) 10:00~(予定)
    8月28日(日) 10:30~(予定)
  • 【トークショー場所】
    京セラドーム大阪3F中央プラザ特設ステージ
  • 【メモリアルピッチ開始時間】
    試合開始前(予定)
  • 【メモリアルピッチ場所】
    グラウンド上

時間は変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。
雨天の場合は、京セラドーム2F「B☆スタ」にて実施します。
   なお、スペースに限りがあるため、整理券配布等により入場制限をさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。

■近鉄バファローズユニフォームチャリティー販売

当日着用した近鉄バファローズユニフォームを中心に、後日チャリティ販売を実施し、その収益金を日本赤十字社などの関係機関を通じ東日本大震災の義援金として寄託いたします。
受付開始は8月12日(金)午後1時を予定しております。(締切は8月31日(水)午後1時予定)
チャリティ販売ページにて実施いたします。

■当時の写真や映像を使用した場内演出

試合当日に70年代近鉄バファローズに関するスペシャル映像などを展開予定です。

■近鉄バファローズ場内アナウンサー登場(8月12日~14日、26日、27日)

近鉄球団で36年間2,000試合にわたり球場アナウンスを担当されていた故大野博子さん。
その大野さんのいてまえ魂を受け継ぐ村瀬久美子さんに5試合(8月12日~14日、8月26、27日)球場アナウンスを務めていただきます。
村瀬さんは大野さんのアシスタントとして藤井寺球場、日生球場で業務を行い、藤井寺最終年から2004年までシーズン半数の試合で近鉄バファローズナインの名前をコールしました。

■OSK日本歌劇団により国歌斉唱(8月12日)

8月12日(金)の試合前に行われます国歌斉唱をOSK日本歌劇団のトップスター桜花昇ぼる(おうかのぼる)さん、朝香櫻子(あさかさくらこ)さん、牧名ことり(まきなことり)さんの3名に務めていただきます。この3名はOSK日本歌劇団が近鉄グループ時代にご入団されたメンバーです。

桜花昇ぼるさん画像 朝香櫻子さん画像 牧名ことり画像
桜花昇ぼるさん 朝香櫻子さん 牧名ことりさん
■70年代近鉄バファローズ復刻新聞来場者プレゼント(8月12日~14日、26日~28日)

イベント期間開催中(全6試合)、先着1万名様に70年代近鉄バファローズ復刻新聞をプレゼントいたします。

■特典付き前売りチケット発売!(8月12日~14日、26日~28日)

イベント期間開催中(全6試合)の前売チケット購入者各日15,000名様に、直筆サイン入り復刻版プロモデルユニフォームや復刻ユニフォーム柄巾着袋(非売品)などが当たるスクラッチカードをプレゼント!
詳しくはこちら

■グッズ購入者へステッカープレゼント!

  画像はイメージです。

  • 【対象期間】 
    2011年8月12日(金)~2011年8月14日(日)まで
  • 【対象商品】
    上記期間中、「Bs Shop」で【Bs商品】を2,000円(税込)以上ご購入の方、各日先着2,000名様にプレゼント!

    4,000円(税込)以上ご購入されても1枚のみのプレゼントとなります。
    各ワゴン販売での購入者は対象外です。

■飲食売店特別メニュー

猛牛(牛)をコンセプトにしたメニューが球場内売店に登場します!
詳しくはこちら

【イベント着用ユニフォーム解説】

近鉄バファローズ ユニフォーム

近鉄バファローズ(1974年~1977年着用ホームユニフォーム)

パ・リーグの中で、最後にユニフォームのカラー化を果たしたのが近鉄であったが、その最初のモデル。デザインはMLB・アトランタブレーブスのそれを模しているが、アトランタの青に対して近鉄は鮮やかな赤を採用した。これは、チーム強化のために招聘した西本幸雄監督が打ち出した「燃える野球」に合わせたもので、赤いラグラン袖は1996年まで、実に20年以上も採用され続けた。初代モデル袖章には、近鉄の象徴とも言える“猛牛”マークではなく、燃える炎を図案化(これもアトランタ流)したものが配されていた。

無敵の最強勇者 阪急ブレーブス

5/7() 14:00試合開始 ほっともっとフィールド神戸 千葉ロッテマリーンズ
13:00試合開始 ほっともっとフィールド神戸
18:00試合開始 京セラドーム大阪 広島東洋カープ
13:00試合開始 京セラドーム大阪

イベント内容

■阪急ブレーブスOB選手による始球式 試合前トークショー

5月7日(土)、阪急ブレーブスOBの山田久志さん、福本豊さん、加藤秀司さんによる始球式を行います。
また、同日、試合開始前にOB選手3名によるトークショーを開催!


詳しいプロフィールは阪急ブレーブスベストナインページをご覧ください。

  • 【トークショー開始時間】
    11:00~(予定)
  • 【場所】
    ほっともっとフィールド神戸駅前ステージにて
    (5月7日(土)の試合が中止の場合、始球式およびトークショーも中止となります。)
■阪急ブレーブスユニフォームチャリティー販売

当日着用した阪急ブレーブスユニフォームは後日チャリティー販売を実施し、その売上金を日本赤十字社などの関係機関を通じ東日本大震災の義援金として寄託いたします。
チャリティ販売ページにて実施いたします。

■当時の写真や映像を使用した場内演出、オルガン演奏、場内装飾
■西宮球場「アストロ食堂」復刻メニュー(5月7日・8日ほっと神戸のみ)
  • 70年代、西宮球場の「アストロ食堂」で人気だったメニューを再現!
    復刻メニューとして、1プレートでカレーライス、かつ丼、カレーうどんを楽しめる「ブレーブスランチ」を販売いたします。全てハーフサイズで、お値段は900円!まさに、“ハンキュウ"セットです!
  • 各日500食限定のこの「ブレーブスランチ」をご購入いただくと、もれなく阪急ブレーブスステッカーをプレゼント!また、特製のブレーブストレイも付いてきます!
    1塁側・3塁側の「Ball Park Diner」で販売いたします。
    5月20日・21日 京セラドーム大阪での特別メニューについては、後日球団ホームページ・携帯サイトにてお知らせいたします。
  •   画像はイメージです。
■阪急ブレーブスグッズ購入者へのステッカープレゼント

球団直営店「Bs Shop」「B-WAVE」およびオンラインショップにて期間中、対象商品をご購入いただくと、阪急ブレーブスステッカーをプレゼントいたします。
ほっと神戸・京セラドーム場内ワゴンでの購入者は対象外です。
阪急ブレーブスグッズのご購入はこちら

  • 【対象期間】 
    2011年4月29日(金祝)~2011年5月31日まで
  • 【対象商品】
    ・阪急ブレーブスプロモデル(ユニフォーム・CAP・ヘルメット)
    ・阪急ブレーブスレプリカユニフォーム(番号無し) \4,200(税込)
    ・阪急ブレーブスナンバージャージ \6,500(税込)
    オンラインショップを含め、既にご注文済みの方にもプレゼントいたします
【イベント着用ユニフォーム解説】

阪急ブレーブス ユニフォーム

阪急ブレーブス(1975~1979年着用ホームユニフォーム)

3年連続日本一を成し遂げた阪急黄金時代のユニフォーム。70年代になって、野球のユニフォーム素材が綿からポリエステル混のニットに変わる中、当時の阪急ブレーブスもその流れをいち早く取り入れた。素材の進化で鮮やかな発色が可能になり、旧くから阪急のカラーでもあった赤を復活させる斬新なカラーリングが当時は目を引いた。本イベントで着用するユニフォームは、初代ニットユニフォームから、若干の変更(パンツのラインが直線からラッパ状へ)が施されたセカンドジェネレーションモデルで、初の日本一に輝いた1975年当時に採用されていたもの。

ページトップへ戻る